読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャストサイズの棚

 先日の串原お泊り&キャンプツアー、子供達は勝手に遊んでくれるんで、結構時間がある。

で、何をするかというと、木材と電動工具がたくさんある串原ではやっぱり木工!

 

作るものは?

我が家にはスタディーコーナーなるものがあります。

この机の下にちょうどよいサイズで、来年小学生になる子供用の棚がほしいんですね。

https://instagram.com/p/8EZqT4wUOB/

 

 そして、その棚には余っている無印のケースが上段にピタリとおさまり、下段に子供の教科書とかが入るようにしたい。

https://instagram.com/p/8FaLNtQUHh/

 

 市販でそんなちょうど良いサイズははいんで、作らねば!(嬉)

 子供達が遊んでいる間に、いつものように串原農林さんの木材を物色させて頂き、ほどよいものを選びます。

https://instagram.com/p/6jufVcQUJF/

 

プレーナー(電動カンナ)で削り、丸ノコで切って、 

https://instagram.com/p/6o1bjqQUNW/

 

手カンナで仕上げて、こんな板を作って帰ってきたのです。 

https://instagram.com/p/7_j82MwUO5/

 

後は、ノミでホゾ穴あけて、ホゾ作って、塗装。

濃い目の塗装で失敗続きなんで、今回はシーラーの上にBRIWAXのクリアです。

串原のヒノキは綺麗な色してるんで、そんなに濃く塗る必要もない。 

https://instagram.com/p/8FaMm7QUHi/

 

すると、こんな棚が出来上がる。 

https://instagram.com/p/8Fb1cvQUJu/

 

スタディーコーナーの下に入れて、無印のケースも入れてみる。 

https://instagram.com/p/8Fb4oMwUJ0/

 

前から見ると、こんな感じ。

妻には板が厚すぎと言われたけど、この厚さしか手頃なのがなかったんですよね(^^;

確かにこの厚さなら、同じものを2つ作ってダイニングテーブルの脚にしても良いような。笑 

https://instagram.com/p/8Fb7OVwUJ2/

 

でもまあ、子供は「いいじゃん!」って言っていたからいいか。

が、実はまだもう少し手をいれないといけなくて、ごらんのように上部天板と側板がぴたっとあっておらず隙間があるんで、まだつけていないんですね。 

天板、速攻で反りやがりました^^;

https://instagram.com/p/7_kFDmQUPF/

 曲面カンナで削るか・・・

天板はのせておくだけでも使えるし、ここはまた時間がある時にやろう。