読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ノコ 危険?!

さて、今日は机作りの2日目。

恐怖の丸ノコの話をかかずにはいられない。

https://instagram.com/p/6juXMNQUI-/

 

先日、初めて丸ノコを使い、キックバックを5回くらいおこしました。

それはもうビックリしてしまいますよね。

あんな高速の刃がぶっとんでくるんですから。

笑えませんでした。

 

今日も同じことになるのは避けたいんで、いくつか調べて勉強です。

こんなに出回っている機械だから、自分の使い方がおかしいに違いない。

参考になったのは以下の横田商會さんのサイト、感謝!

ameblo.jp

 

丸ノコ、2度目のチャレンジ

全体的に上記サイトのことを気を付けたのですが、自分的に特に良かったのはこれ。

刃を切断する木材厚さ + 1-2mm程度に必ず調整する

治具を使い、直線を出す(⇒切断面に刃があたらない)

これだけで、まったくキックバックは起こらず、精度もめちゃあがりました。

 

治具は参考サイトではベニヤ板で作っていましたが、なかったんで角材で代用。

これでも十分です。

 

こんな感じ。

https://instagram.com/p/6o1dNQQUNY/

 

 

角材に沿って直線で切れるんで、安定しており、昨日のハラハラ感が嘘のよう(^^;

別の写真だけど、切り口はこんなん。

https://instagram.com/p/6o1bjqQUNW/

 

長い断面を切る時はこんな感じ。

https://instagram.com/p/6o1YIaQUNS/

 

直角精度もバッチリでます。

昨日のことは忘れて「何と素晴らしや、丸ノコ!」

https://instagram.com/p/6o1fMNwUNb/

 

ちなみにこの古い大きめの木材2枚を引っ張りだしてきて、

https://instagram.com/p/6o0-SvQUM8/

 

右端の大きいやつ。

https://instagram.com/p/6o1CGcQUM9/

 

先日の左のよりだいぶ大きい2m弱の天板を作成しました。

f:id:satsukitjp:20150821231734j:plain

 

早くBRIWAXを塗って輝かせたいとこですが、この机の塗装は生物探検部の子供達のお仕事なんで、僕は作るまでです。

みんな、うまく塗れるといいなー。

 

最後に、おまけの年季が入ったプレーナーの動画(6秒)。

Instagram