畑の青空教室 机作り

ちょっとした理由で、カワサポのプロジェクト「畑の青空教室」の机作りを手伝っています。

畑に、川・山・人をつなぐ「畑の青空教室」を作る! | カワサポ

 

串原農林さんの事務所にある木材から適当なものをチョイスし、

https://instagram.com/p/6jufVcQUJF/

 

まずはプレーナーで粗く仕上げるとともに、平面を出します。

このプレーナー、年季入ってるでしょ(^^ いい味出してます。

https://instagram.com/p/6juawPQUJE/

 

今回の天板は2枚の板を使います。

2枚の厚みをこのプレーナーでほぼ一緒になるまで削ります。

恐らく最新式のプレーナーは、厚みをデジタルセットしたりするんでしょうかど、こいつは写真右側のハンドルで厚み調整です。

それぞれ削っていきながら厚みを調整していき、最後は同じ高さの状態で、交互に削り厚みを揃えます。

 

https://instagram.com/p/6juC0jwUIl/

 

次は手カンナで表面を綺麗に仕上げる。

やはり手カンナの方が断然綺麗になる。平面が出ているんで、手カンナも気持ちよくかかる!

 

そして、2枚を並べてみる。

https://instagram.com/p/6juJPiwUIt/

 

1枚1枚はとても綺麗なんだけど、色味が違いすぎますねー。笑

仕方ない仕方ない、ありあわせで作っているから。

濃い目の色で塗装ですね、これは。

 

継ぎあわせたいんだけど、今回は外用でそれほど精度を求めないので、裏面から板で固定するのみです。

いずれ継ぎあわせて、きちんとした無垢テーブルを作りたい。

 

耳はこんな感じ。自然な風合いでいいですね~。BRIWAX塗りたい。

でも今回のは子供達に塗装はまかせないといけないので、濡れないんですが(^^;

https://instagram.com/p/6juQ_zwUI3/

 

https://instagram.com/p/6juTEjQUI7/

 

何が本職だか更にわからなくなってきたここ最近ですが、まあいいでしょう。

 

最後に、今度岩本川で行う小さな自然再生講習会のご案内。

まだ空きがあるので、東海近辺の方、どうぞ!

Japan River Restoration Network (JRRN) | ニュース・イベント | JRRNからのお知らせ | 「第1回「小さな自然再生」現地研修会 in 愛知県豊田市・岩本川(9月8日)」ご案内

 

こういった現場についた活動をやりながら、そこで得た知見をAQMAPなどにフィードバックして良いサービスを作っていくという土壌が出来はじめました。

しかし、AQMAPなどに手を入れる時間が作れない。。他で収益源を確立し、そこで得たフリーな時間をAQMAPなどに振り向ける。なかなか現実は難しいのです。