木肌を美しく見せるニス塗装

先日、プレーナー(電動カンナ)をかけたこの木材

kawasuppo.thebase.in

 

木材そのものではなく天板まで仕上げて、8月2日にあるチエズキッチンさんとのコラボイベントで一般の方の反応を見てみたいなと。

 

初めてのニスのみ塗装、これまた厄介そうですがチャレンジです。

 

下準備

プレーナーをかけてあるんで、だいぶきれいなんですがやはり手鉋の方が仕上がりは圧倒的に美しい。

というわけで、まずは鉋がけから。

https://instagram.com/p/5GHwxDwUMa/

 

ざっとかけてすべすべにします。

https://instagram.com/p/5Gf7eqQUJZ/

 

ニス塗装開始 - 1回目

元々木目と木の色が美しいので、最近自分の中で流行っているオイルステイン+BRIWAXではなく、ニスのみで塗装。木肌をいかすのです。

BRIWAXのナチュラルとかがあれば、それで塗装するのが最も成功率が高いと思いますが、ミディアムブラウンしかもっていないんでニス。

 

1回目の塗装開始です。

使ったのはニッペのラッカークリヤー。

https://instagram.com/p/5QcmXpwULI/

 

1回目は少々厚めに塗る。どのみちサンドペーパーをかけて2回目を塗るんであまんまりこだわらない。

こちらは表面、テッカテカ。

https://instagram.com/p/5QcrFXwULR/

 

続いて裏面。

こちらもテッカテカ。

https://instagram.com/p/5QcyszwULc/

 

ちなみに小口面は前回実験時と同様に斜めに切って対応です。

 

ニス塗装 - 2回目

2回目前の下準備として軽くサンドペーパーがけします。

ニスの白い粉がとれて、塗りすぎの凹凸を均一化するんです。

https://instagram.com/p/5R3u3pQUNa/

 

ペーパーかけた後は、丁寧にふきとる。

https://instagram.com/p/5R3w38wUNf/

 

2回目は仕上げなんで、ニスがたれないようにマスキング。

https://instagram.com/p/5R3zzqwUNj/

 

 さあ、結果は??

表面。

https://instagram.com/p/5R7nHbQUFK/

 

裏面。

https://instagram.com/p/5R7lQ6wUFG/

 

ちょっと拡大してみる。

https://instagram.com/p/5R7pDcwUFO/

 

テカりムラが少しあるけど、初めてにしては良い!

木目や色は非常にきれいに見えて際立ちます。

テカりムラは暗いところで、上から光をあてて撮っているのもあると思うんで外で使ってみようかな。

 

調べると、2回目を艶消しニスで塗ると成功率が上がるという情報なんかもあるんで今度はそれもやってみよう。

 

でも、ニスだけ塗ると「失敗しても削ればよい」と思えるのは非常に気が楽。

オイルステインでやると、失敗すると取り除くのが非常に厄介だから。

 

そしてこれは本日、川ランチの時に使ってみた図。

https://instagram.com/p/5WSRAPQUBI/

ホットサンドが焦げてますね。笑

でもやはり外だとムラは気にならないレベル。

 

https://instagram.com/p/5WTpjkwUCg/

 

野外でのランチが天板一枚で気分が変わるのはとても面白い!

今年流行りのキャンプグッズ、ローチェアとも相性バッチリです。