小口の塗装

前回に続き、厄介な小口の塗装です。

satsukitjp.hatenablog.com

 

反対側も70度の角度で斜めに切る。

https://instagram.com/p/45PfxKQUF8/

 

https://instagram.com/p/45Ph73QUGC/

 

この後、表面を軽くカンナがけし、小口面は紙やすり。

いつものオイルステイン チークをペイントうすめ液で薄めて塗装。

f:id:satsukitjp:20150607225058j:plain

 

一応、BRIWAXで少しワックスがけ。

https://instagram.com/p/3AxUmTQUG1/

 

小口面や、如何に??

横から見るとこうなりました。

70度の面と43度の面。

https://instagram.com/p/47vl1vwUNu/

 

なぜ43度という中途半場な数字?というと45度のはずが少々失敗し、あれ?角度浅いなと思って分度器で測ってみると43度しかなかった(^^;

まあ、たいして変わらんからいっか。

 

まずは43度の面。

https://instagram.com/p/47xmJiQUA7/

 

写真を写す方向を変えて、もう1枚。

https://instagram.com/p/47xtAbwUBF/

 

次に70度の面。

https://instagram.com/p/47xoUhwUA8/

 

写真を写す方向を変えて、もう1枚。

https://instagram.com/p/47xwGYQUBM/

 

うーん、何とも言えないなー。笑

普通に90度の直角断面で小口を塗装するよりましだけど、想像よりもムラが出来るし、濃ゆいところは濃ゆい。

でも同じ木材の小口テープ貼っても、自分の持っている木材と小口テープでは間違えなくズレがあるはずなんで、このくらいならOKとすべきか。

 

突き詰めると、今回の斜め切断後塗装でも小口テープでもなく、同じ木材から板をきりだし小口面に接着する「突板」になるんだろうけど、趣味の範囲なら今回くらいのでも許容範囲かもですね。

全然ダメってわけではないから、次は檜でやってみよう。