2015 キャンプinn海山 (銚子川)

GW前半は以前から行きたかったキャンプinn海山へ。

キャンプ場の目の前を流れる銚子川は、源流域から河口までの距離が約20キロ、ほとんど山間部を流れ、人里の川でありながら人口が少ないため、高い透明度を誇ったまま河口に注ぎこむ貴重な川なのです。

キャンプ場は河口近くにあるのですが、銚子川は面白いぐらいに綺麗で、魚も多い!

 

施設詳細はコチラ。

camp-inn-miyama.com

何故か朝っぱらからボルダリング

川遊びがメインのキャンプ場に来たはずなのに、我が子は朝起きると顔も洗わず毎日ボルダリングに精を出す(^^;

youtu.be

なんなんでしょうね。笑

でも、クライミングシューズ履かなくても6歳くらいの子供が登れる岩が2,3個あって結構楽しめるのです。

やはりスラブは足! 手ばかりを気にしてたんで足の使い方を少し教えると登れるようになりました。

 

他にもこんな岩も。

f:id:satsukitjp:20150504231536j:plain

 

この岩は何本かルートをとれて、大人もスニーカーで楽しめる4,5級のラインもあります。

f:id:satsukitjp:20150504224717j:plain

 

 

f:id:satsukitjp:20150504224733j:plain

 

川遊び

 まだ川の水は冷たいのですが、海山に来たら川でしょう!

f:id:satsukitjp:20150504224909j:plain

 

河口付近とは全く思えない透明度。

f:id:satsukitjp:20150504224942j:plain

 

小さな魚に交じり、20-35cmくらいの大きな魚も悠々と泳いでいます。

綺麗なだけじゃなく、生きものが多いのもとても良い!! 

うじゃうじゃいますよ。興奮です。

f:id:satsukitjp:20150504225039j:plain

 

テンカラ竿持っていっていたんで、毛鉤を投げ込んでみるも全く振り向かれず(^^;

ちくしょー。

アマゴではなさげだったんだけど、何だったんだろう?

家族がいなければ潜って確認したかった。

 

気を取り直してカヌーです。

カナディアンカヌーを借りれます。

f:id:satsukitjp:20150504225237j:plain

 

とても良い感じのおじさんが最初に10分漕ぎ方なんかをレクチャーするだけで、後はご自由に!という嬉しいスタイル。

自分達だけで銚子川を上流に漕ぎ進んでいくことが出来ます!

カナディアンは初めて乗ったんですが、扱いやすいし家族でのれるし、なかなかいいかも。

少し上流に行きすぎ、時間1時間のとこを1時間半くらいやってしまったんですが、戻ると「あら早かったね、もっと遠くまで行って来ればよかったのに」というおおらかさ。笑

 

まだ泳げないんで、あとはガサガサ。

f:id:satsukitjp:20150504225755j:plain

 

がさってとったヨシノボリとヌマエビは下の子が、サイトに戻ってじっと観察。

微笑ましい光景です。

f:id:satsukitjp:20150504225839j:plain

 

サイトは狭いけど快適

サイトは林間ワイドサイトなるものを借りたんですが、少し狭いです。

snow peak アメニティドームSとcoleman ヘキサタープMを張ったらきつきつ。

でも、久しぶりの林間サイトは日中の暑さも防げるし、初日の風の影響も少ないし、撤収時にタープを外しても日陰だし、なかなかに快適でした。

我が家は「林間サイトよりも、やっぱ大草原にたてるべきでしょ」派だったんですが、たまにはいいかも。

f:id:satsukitjp:20150504230332j:plain

 

夜は毎晩焚火をして

f:id:satsukitjp:20150504230352j:plain

 

翌朝は残った薪でマシュマロを焼く。

f:id:satsukitjp:20150504230609j:plain

 

炎っていいですね。

 

そうそう、私達の

のパンフレットも置いてあった! 嬉しいですね。

 

f:id:satsukitjp:20150504230847j:plain

 

カヌーにボルダリングにテンカラに川遊びにと、噂に違わず良いところ。

このまま次の世代に渡したい!と強く思う川でした。

また泳げる季節に行きましょう。