テンカラ大王のおしえ

https://instagram.com/p/1K4wOgwUC7/

テンカラ大王こと、石垣先生にお願いしてレッスンをして頂きました。

大王、教授、ぷろふぇっさーという恐そうな肩書とは裏腹に、とてもきさくで親父ギャグ好きの石垣先生。

行きの車中からテンカラの話や、先生が監修しているニンテンドーDS『眼力トレーニング』の爆笑裏話など、1日楽しく過ごさせて頂きました。

 

大王のおしえ

4月なのにとても寒く雨も降っていましたが、キャスティング練習から始まり、ポイントの見方や、途中途中で誘いの方法などを教わります。

f:id:satsukitjp:20150409213603j:plain

 

やはり経験豊富で技術のある方に教えてもらうと違うものです。

初心者の自分達だけだと、釣れなかった時に原因の判断がつきにくいのです。

 

  1. 流すポイントが問題なのだろうか?
  2. 毛鉤の流しかたが悪いのだろうか?
  3. ポイントも、流しかたも問題ないんだけど、水温が低すぎて魚が動いていないのだろうか?

 

これを石垣先生に見てもらいながら釣ると、1、は問題なし、2、も問題なし、3、だね、今は寒すぎて魚の活性が低いんだよ、と言う感じで教えてもらえます。

これが一番有難いです。

 

次に釣る時には、1、と2、は問題ないから、ある程度水温が高く活性がある時にやれば同じような釣り方で釣れるはず、となります。

自分だけだとカオスですね。笑

 

とは言っても石垣先生は同じ条件で、ポンポン釣っていたんですが(^^;

僕らに教える合間に少しだけ竿を出すだけなのに!

https://instagram.com/p/1K45vxQUDL/

https://instagram.com/p/1K47EFwUDO/

 

またもや!

f:id:satsukitjp:20150409214634j:plain

 

f:id:satsukitjp:20150409214706j:plain

 

名倉川には自然繁殖のアマゴがいるのか?

職業柄?気になってしまいます。

やはり、魚がいそうなポイントには魚がついていて、それは成魚放流のものではなく、自然繁殖したものであってほしい。

 

石垣先生に聞くと、名倉川では自然繁殖はほとんどいないんじゃないかなとのこと。

今回釣れた3匹も稚魚放流が大きくなったものが2匹と、成魚放流が1匹。

石垣先生は全てリリースしましたが、僕らのように新しくテンカラに入っていく層は特に魚を持ち帰ることに執着しないのではないかと思います。

 

自然繁殖した魚がたくさんいる川が増えてほしいですね。

 

車の中でも、現段階で最も効率のよい親魚放流の話をしたり、漁協をとりまくいろいろ話をしたり、笑い話をしているだけではないのです( ̄^ ̄)

 

最後は午後一で行って、寒さで魚が全く動かず、すぐに撤退した段戸川。

なんと、桜どころか梅が近くで咲いていました。

でもとても良い渓相だったんで、暖かくなったらまた行こ。

https://instagram.com/p/1K41v8QUDD/