読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”かんな”の刃は出し過ぎてはいけない

先日、カワサポ打ち合わせに串原農林さんに行った際、間伐材の切れ端を頂いてきました。

https://instagram.com/p/00EArBwUGn/

 

こんな檜の皮付きのやつです。

https://instagram.com/p/0z3QPwwUOb/


これを最近趣味の部屋となっているベランダで、日曜大工していきます。

テンカラ竿やら、虫かごに入ったタナゴやゼゼラなど、カオスですが楽しい。

https://instagram.com/p/0z2s3aQUNW/

 

今回、新しくゲットしてきた「かんな」

これはかなり楽しい。

https://instagram.com/p/0z3KzfwUOO/

 

こんな粗々の表面を

https://instagram.com/p/00DlNBwUFm/

 

あっという間に美しく仕上げていってくれます。

https://instagram.com/p/00DytswUF_/

 

いや、あっという間にはウソですかね。笑

刃の調節がよくわかっておらず、刃を出し過ぎて何度もつっかかりました。

後、木の節も難敵でよくつっかかる。

「節がないのが良材だ!」ってのを大工さんの気持ちになって実感しました。

 

今回の最大の教訓は「かんなの刃は出し過ぎるな!」ですね(^^;

 

最後に串原で見た夜の始まりをドン。

美しい空でした。

https://instagram.com/p/0z3B1WQUN9/