読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の創造力

雨のために予定が狂いまくった日曜日、CWPが3月に横浜である


里山・里海へ行こう|SATOYAMA movement

に出展するんで、そのネタに何か考えられないかと思い、串原農林さんから頂いた檜皮つきコースターを使って工作をしてみました。

 

お父さんがベランダでゴソゴソすると、すぐにつられて子供はやってくる(^^;

 

僕は「とりあえず綺麗に削って、柿渋とか自然塗料で塗装するか、ペイントでもするか」くらいに考えていたんだけど、子供の創造力はたくましく面白い!

 

材料はこんな檜の輪切り。大きさは小さいのと大きいの。 

f:id:satsukitjp:20150222164519j:plain

 
まずはサンドペーパーで表面を磨く。
f:id:satsukitjp:20150222164444j:plain
 
ベランダの片隅には最近勝手に根付いたクローバーが。
f:id:satsukitjp:20150222164541j:plain
 
父が必死にサンドペーパーで磨いていると、子供達はクローバーのところに行って、なんかゴニョゴニョしています。
f:id:satsukitjp:20150222164556j:plain
 
そして、上の子がドタバタ家の中に走っていき、木工用ボンドをとってきて、クローバーを檜に貼りだしました。
f:id:satsukitjp:20150222164646j:plain
 
小さい方もよくわからんなりにやっています。
f:id:satsukitjp:20150222164700j:plain
 

最初の作品、おー、かわいい!

すごいですね、子供は。何でも使って自由に考える。
僕なんか横にあってもクローバーを使おうなんて思いもしなかった・・・
自然素材の組み合わせでいい感じ。
f:id:satsukitjp:20150222164720j:plain
 
「これは眉毛」と言ったりして、いろんなバージョンを制作。
f:id:satsukitjp:20150222164754j:plain
 
最終的にリボン付が一番気にいったらしく、「おとーさん、これに穴をあけて、壁に飾ろう!」と言っていました。
f:id:satsukitjp:20150222164807j:plain
 
雨でしたが、子供の創造力はすごい!と感心し、なかなかに楽しい一時でした。
イベントで使えそうなネタ、発見したし。
f:id:satsukitjp:20150222164821j:plain
 
僕の方はというと、柿渋を塗るか、亜麻仁油を塗るか悩み、
f:id:satsukitjp:20150222164834j:plain
 
亜麻仁油を塗ったんですが、、、
f:id:satsukitjp:20150222164847j:plain
 
重ねて塗りすぎて失敗!
子供のニコちゃんクローバーコースターの方がだいぶ良かったです。